前へ
次へ

結婚調査とは

新郎新婦の晴れ姿を祝う日を迎える。両親や親族に祝福されて挙式を滞りなく終える。 このような幸せな結婚の裏側には「結婚相手についての確認調査」が実施されることが少なくないと言えます。 現代社会においては恋愛や結婚は個人間の問題であり、周囲の人物が「差別に繋がる調査を実施することが悪い」とされています。 しかし、これは「悪意が無く誠意がある人物が結婚相手だった場合」のみにしか成立しないと言えるのです。 成人した男女であり、自身が将来的に婚姻し家庭を持つとお考えならば「自身の結婚相手について知る情報に間違いがないか?」を確認しない人物はいないと断言できることでしょう。 仮に交際期間が短く、相手方のご家族や家族構成・職業等を認識しない状況で婚姻する状況は「ハイリスク」であると言えるのです。 ここで多くの方は間違った認識をお持ちになり、結婚調査は悪いことと判断される方も少なくありません。 多くの方はこの違いを認識されていない現状にあります。 幸せな結婚のための「間違いがないか?」を確認する調査を否定されては「何度も結婚に失敗する人物」が増加することとなってしまうのは誰にでも容易に想定できることでしょう。 このような非常識な状況が世間の常識であるはずがありません。 当社が実施する結婚調査は「事実確認を主体とした結婚調査」であり、ご依頼者が知る結婚相手の情報に偽りや認識違いが存在しないか? 確認し、事実とご依頼者情報が異なる点をご報告申し上げる調査を実施し、 結婚後に間違いや認識違いが発覚し大問題となることが無いよう、多くの方が安心して結婚に踏み切れるよう着手する調査と言えるのです。

結婚相手の確認調査に必要な情報とは

結婚相手についてご存知の情報は多ければ「確認事項が増加し、安心の結婚に繋がる」と言えることでしょう。 婚約者の情報や結婚相手と考えている人物の情報は多い程良いと言えます。 学歴や職歴、家族構成や家族の状況が基本的な情報にあり、過去に居住していた地域での生活ぶりや転居の理由等も確認事項となるのです。 こうして一つ一つの情報を確認して「結婚相手の言葉に嘘が無く信用できる人物」と確認されるのです。 もし、このような事前情報が乏しい人物が結婚相手ならば確認事項が少なく不安な調査となってしまいます。 そのようなケースでは事実確認とは別の調査手法である「まとまった日数の素行調査で日常生活を確認」することにより「結婚相手の真実の姿を確認」できると言えるでしょう。 通常の素行調査と異なり「ご依頼者の知らない時間内」を確認することにより結果を得る素行調査となるため「一日の調査時間も短く済む」傾向にあり、膨大な調査時間が必要な素行調査とは趣が違うと言えるのです。 婚約者や結婚相手が本当に仕事や残業で忙しくしているのか?休日に会えない時間が多く存在する理由等の確認にも「有効な結婚相手の調査」と言えるのです。 目の前では見せなかった姿がこの調査によって見られるかもしれません。

結婚調査のメリット

多くの人物が「結婚相手の確認調査」実施し、明るい結婚生活を送れるよう準備します。 重ね重ねお伝えしますが「差別に繋がる結婚調査では無い」ので誤解されないようお伝えしたいと考えます。 基本的には当人同士の意思に関わることがらですが「間違いや勘違いが起きないための事前確認」であると認識して頂きたいのです。 人間社会で起きる多くの誤解や勘違いは放置すると後に大きな「家族間のトラブル」等へ発展しかねません。 言葉の曖昧な表現を鵜呑みにして結婚してしまうには軽率と判断できるのです。 このような思い違いや勘違いをしたまま親戚となってしまうことは望ましくありません。 当然の流れですが、結婚前の事前情報の確認が多くのメリットを与えてくれることは理解して頂けることでしょう。 事前に曖昧さやいい加減な言葉が存在する結婚は不安定と言えるのです。 さまざまな事を知ることのできる結婚に関わる身元調査については再認識され、依頼も増加しています。 これは差別ということではなく、将来を考える上でのリスク回避ということなのです。 誰だって大きなリスクがある結婚をしたいとは考えないでしょう。

Page Top